ノイバラ

雑草名 ノイバラ
科名 バラ科
学名 Rosa multiflora
生活型 落葉小低木
生育地 山野・道端・空き地
繁殖器官 根茎・種子
類似草種別名() 別名(-)
ノイバラは、落葉樹でよく枝分かれして伸び、鋭いトゲがある。
葉は互生し、奇数羽状複葉で、小葉の形は楕円形か広卵形で先は尖っている。
葉縁は鋸歯状、上面は光沢がなく、下面に短毛が生えている。
5月ころ花は分岐した先に円錐花序をつくり、花弁は5枚でほのかな香りがし、がく片には毛が密生している。
秋に紅色、球形の偽果(小房以外のものが、果実にみえるよう変化したもの)をつける。
葉の表面に光沢のあるものは、テリハノイバラといわれている。
花はノイバラより遅く6月ころに咲き、多少大きめの楕円形紅色の偽果をつける。

開花時の様子

前の記事

ノカンゾウ

次の記事

ノアザミ