ニリンソウ

雑草名 ニリンソウ
科名 キンポウゲ科
学名 Anemone flaccida
生活型 多年生・広葉
生育地 山野
繁殖器官 根茎
類似草種別名() 別名(-)
主に湿潤な山地の林床や周辺部に生育し春の山の代表的な草である。
3-6月に、白い萼片を持つ直径約2cmの花をつける。
多くは1本の茎から2輪ずつ花を咲かす。根茎で増えるため、群落を作ることが多い。
若葉は山菜として食用とされるが、有毒植物であるトリカブトの若葉に似ていて間違って食べ、中毒発生事例がある。
ニリンソウ
開花時の様子

前の記事

ニワゼキショウ

次の記事

ナンバンギセル