ナワシロイチゴ

雑草名 ナワシロイチゴ
科名 バラ科
学名 Pubus parvifolius
生活型 つる生落葉低木
生育地 林下・山地・山すそ・里山
繁殖器官
類似草種別名() 別名(-)
高さ10~20cmの草本状に見えるつる性落葉小低木。
茎や枝には長い剛毛と刺があり、つる状に伸びて地上を這う。
葉は互生、5小葉の鳥足状複葉、花は稲の苗代時期の6~7月頃に枝先に淡緑色々の目立たない
直径1.5~2cmの花を下向きに咲かせ、1~3個が垂れ下がる。
果実はイチゴ状の集合果で、8~9月頃に濃紅色に熟し食べられるがあまりおいしくない。
ナワシロイチゴ
開花時の様子
ナワシロイチゴ
果実はイチゴ状の集合果

前の記事

ナンバンギセル

次の記事

ナヨクサフジ