ツルマメ

雑草名 ツルマメ
科名 マメ科
学名 Glycine max subsp
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 山野・道端・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(ノマメ)
ダイズの原種とされており、ツルマメの系統がダイズの品種改良に利用されている。
茎は細く他の物に巻つき、長く伸びる。
葉は3小葉からなり、両面とも毛がある。
葉腋から総状花序を出し、長さ5~8mmの淡紅紫色の蝶形花を3~4個つける。
果実は豆果で、2~3個の種子が入る。
ツルマメ
生育の様子
ツルマメ茎は細く他の物に巻きつき長く伸びる

前の記事

ツルボ

次の記事

ツワブキ