ツボクサ

雑草名 ツボクサ
科名 セリ科
学名 Centella asiatica
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 山野・畦・道端・荒地
繁殖器官 種子・地下茎
類似草種別名() オオチドメ・カキドウシ
水田の畦や耕作地周辺の湿った場所などに生育する。
茎は円柱形で横に長く這い、節から発根する。
葉は直立し、1~4個でて、楕円形で径2~5cm、低い鋸歯があり、葉柄は長さ4~20cmで細く、花序は茎の節から1~2個でて、暗紫色を帯びた2~5個の小花をつける。
類似のカキドウシの茎は4稜である。
ツボクサ生育の様子

前の記事

ツボスミレ

次の記事

チョウジタデ