チョウジタデ

雑草名 チョウジタデ
科名 アカバナ科
学名 Ludwigia epilobioides
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 水田・湿地・荒地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
水田や湿地に生え、茎は高さ30~70cmで稜があり暗紅色。
葉は互生し、披針形で長さ2~10cmで短い柄がある。
花期は8~10月で葉の脇に黄色で直径6~8mmの通常4弁花をつける。
花柄の様な子房が萼付きの細長い果実となる。
細長い果実が香辛料のクローブに似ていてクローブはフトモモ科の植物チョウジノキ(丁子(ちょうじ))の蕾を乾燥させたもの。チョウジ似ているのでこの名がついた。
チョウジタデ
生育初期の様子
チョウジタデ
生育の様子

前の記事

ツボクサ

次の記事

チチコグサ