チチコグサ

雑草名 チチコグサ
科名 キク科
学名 Gnaphalium Japonicum
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 芝地・道端・牧草地・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() ハハコグサ・チチコグサモドキ・ウラジロチチコグサ
畑地、空き地、芝生などに生育し,葉は線形で細長く葉の裏面や茎には白色の毛がある。
4~6月に茎の先に茶褐色の花を多数つける。
ハハコグサに対し植物体がやや硬い感じから名がついているようである。
チチコグサ開花時の様子

前の記事

チョウジタデ

次の記事

チカラシバ