チカラシバ

雑草名 チカラシバ
科名 イネ科
学名 Pennisetum alopecuroides
生活型 多年生・イネ科
生育地 道端・空き地
繁殖器官 種子・地下茎
類似草種別名() 別名(-)
道端、堤防や田畑のまわりなどに生育し、踏みつけにも強く茎や葉が丈夫で切れ難いので力芝といわれる。
葉は線形で根もとから生え群がり、大きな株になりとても手では引き抜けなくなる。
8~10月にかけて、茎の先に試験管ブラシの様な円柱状で長さ10~20cmの黒紫色の穂をつける。
チカラシバ
生育の様子
チカラシバ穂は試験管ブラシのような円柱状

前の記事

チチコグサ

次の記事

チガヤ