チガヤ

雑草名 チガヤ
科名 イネ科
学名 Imperata cylindrica
生活型 多年生・イネ科雑草
生育地 道端・空き地
繁殖器官 種子・根茎
類似草種別名() 別名(-)
河原や堤防、道端などに群落を作って生育する。
葉は幅広い線形でやや堅く、茎は直立している。
5~6月、葉が出る頃と同時につやのある白い若い絹毛を持った穂を出す。
地上部の葉の量に比べて地下部の根茎の量が多く茎葉処理型の除草剤での枯殺は困難である。
暖地の果樹園で難防除雑草だが傾斜地の土留め効果がある。
チガヤ
5〜6月の生育の様子
チガヤ
白い若い絹毛を持った穂を出す

前の記事

チカラシバ

次の記事

ダンドボロギク