タマサンゴ

雑草名 タマサンゴ
科名 ナス科
学名 Solanum pseudo-capsicum
生活型 非耐寒性常緑低木
生育地 庭・道端
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(フユサンゴ)
ブラジル原産で観賞用に栽培されている常緑の低木で丸いトウガラシのような実をつける。
暖地では庭から逸脱して道路に野生化している。
茎は枝分かれして高さ50cmほどになる。
夏から秋に、葉腋から花をつけ果実は直径1cmほどで黄色ー赤色に熟す。
タマサンゴ
果実の様子

前の記事

ダンドボロギク

次の記事

タマガヤツリ