ダンドボロギク

雑草名 ダンドボロギク
科名 キク科
学名 Erechtites hieracifolia
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 林縁・道端・牧草地・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() ベニバナボロギク
北アメリカ原産の帰化植物で山地や空地に生える。茎は高さ0.5~1.5m。
葉は長さ5~40cmの線形~線状披針形で、不ぞろいの鋸歯があり、上部の葉は茎を抱く。
茎の上部に円錐花序をだし、花を上向きにつける。
花はすべて細い筒状花からなり、花冠の先端は淡黄色~緑黄色、下部は白色。花期は9~10月。
似たベニバナボロギクは頭花を下向きにつけ、花冠の先端は煉瓦色。
ダンドボロギク
生育初期の様子
ダンドボロギク
開花時の様子
ダンドボロギク
花冠の先端は淡黄色〜緑黄色、下部は白色

前の記事

チガヤ

次の記事

タマサンゴ