タカサブロウ

雑草名 タカサブロウ
科名 キク科
学名 Eclipta prostrata
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 水田・湿地・荒地
繁殖器官 種子
類似草種別名() タウコギ
湿地に生え、草丈30~60㎝の多年草、葉は、対生、細い長卵形3~10㎝、葉縁は不規則な鋸歯がある。
7~10月ころ、茎頂に約1㎝の白色のキク状花をつける。花後、果実が黒く熟す。
タカサブロウの茎、葉には硬い毛があるのに対しタウコギには毛がない。
花もタウコギは黄色の頭状花をつける。
タカサブロウ

前の記事

タケトアゼナ

次の記事

タカサゴユリ