セリ

雑草名 セリ
科名 セリ科
学名 Oenanthe javanica
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 湿地・水田
繁殖器官 地下茎
類似草種別名() ドクゼリ
春の七草の一つで水田で栽培されおひたしや汁物にして食べられる。
匐茎をのばして繁殖し、茎の先端が花軸となると成長が止まり、そのわきから芽が伸びる、これを繰り返して繁殖する。
葉質は柔らかく、強い香りがある。
夏に花は花茎がのびて、そのさきに純白の小花を多数つけ、複散形花序をつくる。
耐水性が非常に強くてアシが茂るような環境にあっては長さが2mにも達する。
地下茎や根には有毒なシクトキシンを含む。
セリ生育の様子

前の記事

タウコギ

次の記事

ゼニゴケ