ゼニゴケ

雑草名 ゼニゴケ
科名 ゼニゴケ科
学名 Marchantia polymorpha
生活型 蘚類・苔類
生育地 畑・道端・牧草地・荒地
繁殖器官 胞子・無性芽
類似草種別名() 別名(-)
コケ類の代表的なもので茎と葉の区別がなく、表裏の区別がある葉状体をなしている。
「杯状体」という独特の構造を持つ。
この杯状体からは両側が窪んだ、円盤状の無性芽が形成され、周辺に放出されて無性的に繁殖する。
条件がよければ有性生殖を行う。雌雄異株である。
特に人家付近に多く、しばしば群落になる。
家の北側など、やや湿った土の上に生えることが多い。
ゼニゴケ
生育の様子

前の記事

セリ

次の記事

ゼニアオイ