セイバンモロコシ

雑草名 セイバンモロコシ
科名 イネ科
学名 Sorghum halepense
生活型 多年生・イネ科雑草
生育地 道端・牧草地・土手
繁殖器官 地下茎・種子
類似草種別名() ススキ
英名(ジョンソングラス)
世界最悪の10大雑草の一つに数えられていて、1945年ごろに侵入し帰化植物として牧草地周辺、道端になどに繁茂している。
ススキに似ていて茎は太く、束生して大きな株となり、高さ0.8~1.8m、葉は長さ20~60cm、幅1~2cm、無毛。
葉舌は低く、裂けて長毛が並ぶ。葉のへりはざらつかない。
花序は高さ20~50cm、枝は広く開きまたは垂れ気味で上半部に小穂をつける。
地下の根茎を伸ばして群生する。
セイバンモロコシ
道端に生育したセイバンモロコシ
セイバンモロコシ
生育の様子
セイバンモロコシ
穂の様子

前の記事

セイヨウジュニヒトエ

次の記事

セイタカ アワダチソウ