スズメノテッポウ

雑草名 スズメノテッポウ
科名 イネ科
学名 Alopecurus aequalis
生活型 越年生・イネ科雑草
生育地 畑・道端・牧草地・空き地・水田
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
水田によく発生し、畑にも生育する。
春のイネ科の代表的な雑草の一つである。
茎は円柱形で中空、葉は線形で先は次第にとがり柔らかく無毛。
3~5月に茎の先に円柱状の細長い淡緑色の穂を出す。
鞘から穂を引き抜き口にくわえて拭くとピーと鳴り笛になる。
スズメノテッポウ
葉の先に円柱状の細長い淡緑色の穂を出す

前の記事

スズメノヒエ

次の記事

スズメノカタビラ