スズメノカタビラ

雑草名 スズメノカタビラ
科名 イネ科
学名 Poa annua
生活型 越年生・イネ科雑草
生育地 芝地・畑・道端・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
春の畑地、特にゴルフ場の代表的な強害草であり、秋から春に発生し繁殖力が盛んで、一面に群落をつくることがある。
根は浅いが株になるので除去が難しい雑草である。
茎は平たく、根もとで多く分かれて株になり、葉は細い線形で柔らかく、少し光沢があり、先は急にとがっている。
2月頃から夏まで茎の先に淡緑色で卵形の花をつける。
暖地の日当たりのよい場所では冬の間でも花が咲くので、よく目立つ草である。
スズメノカタビラ開花時の様子
スズメノカタビラ畑に生えたスズメノカタビラ

前の記事

スズメノテッポウ

次の記事

スズメウリ