シャガ

雑草名 シャガ
科名 アヤメ科
学名 Iris japonica
生活型 多年生・広葉
生育地 山野
繁殖器官 地下茎
類似草種別名() 別名(-)
古くに中国から渡来した帰化植物で杉林の林下や人家に近い空き地などに自生する。
葉の付き方は、ヒオウギに似て流線形で先端は鋭く尖っている。
花は、4~5月に、花茎を伸ばして先端に数個の淡紫色の美しい花をつける。
花の外側の3枚の花びらには紫色と黄色の斑紋があり、ほかの3枚は、縁に切れ込みがある朝に咲いて夕方にはしぼむ一日花である。
シャガ
花の様子

前の記事

シャクチリソバ

次の記事

シナダレスズメガヤ