コメツブツメクサ

雑草名 コメツブツメクサ
科名 マメ科
学名 Trifolium dubium
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 道端・河川敷・牧草地・荒地
繁殖器官 種子
類似草種別名() クスダマツメクサ
明治時代後期に渡来し中部地方以西に多く帰化しています。
茎はよく分枝して、地をはい、高さは20cm~40cmになります。
花は長さ約3mmの黄色い蝶形花で、5個~20個が球状に密集してつき、花が終わると下を向きます。
葉は長さ5mm~10mmの倒卵形の3小葉からなります。
果実は長さ約2mmの楕円形です。
よく似た種類に、球形の花がやや大きいクスダマツメクサがあります。
コメツブツメクサ
生育の様子

前の記事

コメツブウマゴヤシ

次の記事

コマツヨイグサ