コマツヨイグサ

雑草名 コマツヨイグサ
科名 アカバナ科
学名 Oenothera laciniata
生活型 越年生・広葉雑草
生育地 道端・牧草地・荒地
繁殖器官 種子
類似草種別名() マツヨイグサ
北アメリカ原産の帰化植物で関東以西に多い。
高さ20~60cm、茎は地面をはうか斜めに立ち、基部からよく分岐し地表に広がる。
葉は無柄で互生する。
花期は7~8月で花は日中でも咲き、直径2~4cmの淡黄色の4弁花をつける。
しぼむと赤味を帯びる。
和名は、マツヨイグサ属の中では花が小さいことに由来する。
コマツヨイグサ生育の様子
コマツヨイグサ花は直径2〜4cmの淡黄色の千弁花

前の記事

コメツブツメクサ

次の記事

コヒルガオ