コヒルガオ

雑草名 コヒルガオ
科名 ヒルガオ科
学名 Calystegia hederacea
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 道端・牧草地・畑・荒地
繁殖器官 地下茎
類似草種別名() 別名(-)
野原や道端の日当たりの良いところに生えるつる性の多年草で葉は細い三角状で基部の両端が張り出し浅く2裂する。
花の直径は約3-4㎝淡紅色でヒルガオよりは小さく薄い色をしている。
繁殖は細い地下茎が切れるとそれぞれ個体になることができ畑に侵入すると難防除となる。
コヒルガオ
生育の様子
コヒルガオ
コンクリートの隙間から生えたコヒルガオ

前の記事

コマツヨイグサ

次の記事

コミカンソウ