コゴメバオトギリ

雑草名 コゴメバオトギリ
科名 オトギリソウ科
学名 Hypericum erectum
生活型 多年生・広葉
生育地 山野
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
高さ20~60㎝にまで生育し、夏に2㎝程の黄色い花を咲かせる。
葉の表面に褐色の油点が見られるが、これはヒペリシンという光作用性物質で、これを摂取した後に日光に当たると皮膚炎や浮腫を生じる。
またタンニンが多く含まれており、全草を乾燥させたものを小連翹(しょうれんぎょう)と称して生薬として用いる。
オトギリソウの名はこの草を原料にした秘薬の秘密を漏らした弟を兄が切り殺したという平安時代の伝説によるものだと言われている。
コゴメバオトギリ生育の様子
コゴメバオトギリ花は2㎝程の黄色

前の記事

コゴメガヤツリ

次の記事

コオニユリ