ゴウシュウケアリタソウ

雑草名 ゴウシュウケアリタソウ
科名 アカザ科
学名 Chenoporium pumilio
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 道端・畑地
繁殖器官 種子
類似草種別名() アリタソウ・ケアリタソウ
オーストラリア原産の帰化植物で地面を這いスベリヒユと共に夏の畑を覆う。
全体に特有な臭いがある。
茎は高さ15~40cm、根元から多数に分岐し、葉は長さ0.8~3cm、幅0.4~1.5cm、下面には黄色・有柄の線点がある。
花は葉の付け根につく。
たくさんの種子を作るので繁殖力旺盛である。
ゴウシュウケアリタソウ生育の様子

前の記事

コウゾリナ

次の記事

コアカザ