ケキツネノボタン

雑草名 ケキツネノボタン
科名 キンポウゲ科
学名 Ranunculus cantoniensis
生活型 越多年生・広葉雑草
生育地 水田畦・土手・湿地
繁殖器官 種子
類似草種別名() キツネノボタン
田の畦や溝の縁などに普通にみられ、茎は高さ50~60cm。
全体に開出毛が多い。
葉は3出複葉で、両面に伏毛がある。
根生葉には長い柄がある。茎葉は互生し、柄は短い。
直径約1.2cmほどの黄色の5弁花を開く。
全体に毛のなく痩果(そうか)の先が曲がっているのはキツネノボタン。
ケキツネノボタン生育の様子

前の記事

ケチョウセンアサガオ

次の記事

グンバイナズナ