クズ

雑草名 クズ
科名 マメ科
学名 Pueraria lobata
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 道端・土手・荒地
繁殖器官 種子・ほふく茎
類似草種別名() 別名(-)
大型の多年草で繁殖力旺盛、茎は丈夫なつるとなり根にデンプンを貯める。
日本各地、朝鮮半島から中国大陸に分布して、北米に帰化している。
葉は大形で3枚の小葉からなる。7~9月、葉のわきから赤紫色の蝶形の花をつける。
クズの根を秋から春にかけて掘り採り十分に水洗いして、板状あるいはサイコロ状に切ってから天日で乾燥させる。これを生薬名で葛根(かっこん)という。
クズ
生育の様子
クズ
繁殖力は旺盛である
クズ
花は赤紫色の蝶形

前の記事

クスダマツメクサ

次の記事

クサヨシ