クサボケ

雑草名 クサボケ
科名 バラ科
学名 Chaenomeles japonica
生活型 落葉小低木
生育地 関東地方以西、四国、九州に自生
繁殖器官 地下茎・種子
類似草種別名() 別名(-)
落葉性の低木で高さが40~100cmくらいになる。
幹は、基部からよく枝分かれし、下の方の枝は横になって地面について草刈によっても根絶しない。
葉は短枝に輪状につくか、長枝に互生している。形は倒卵形で先は丸く、長さ2~5cm。
花は、雌性花(両性花)と雄性花があり、1本の木に混生し4~5月頃、色は橙赤色、径1.5cm程である。
秋になる果実は黄緑色に熟し、球形で約3cm程の大きさ。
クサボケ
開花時の様子
クサボケ
果実は黄緑色に熟し、球形で約3cm程

前の記事

クサヨシ

次の記事

クサノオウ