キハマスゲ

雑草名 キハマスゲ
科名 カヤツリグサ科
学名 Cyperus esculentus
生活型 多年生・カヤツリグサ科雑草
生育地 道端・牧草地
繁殖器官 塊茎・種子
類似草種別名() 別名(ショクヨウガヤツリ)
原産地不明の帰化雑草。
在来のハマスゲに似ているが花が黄色のためキハマスゲとも呼ばれる。
日本には輸入乾草に混入して入ったと見られ、牧草畑で繁茂している。
海外では塊茎の大きな品種があるが、日本に入ってきたものは塊茎が小さいため、普通、食用にしない。塊茎による増殖が旺盛で難防除雑草である。
キハマスゲ群生した様子
キハマスゲハマスゲに似ているが花が黄色

前の記事

キュウリグサ

次の記事

キツネノマゴ