キツネノマゴ

雑草名 キツネノマゴ
科名 キツネノマゴ科
学名 Justicia procumbens
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 道端・林下・山すそ・里山
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
野原や道端に生える。
高さ10~40㎝。茎はまばらに枝分かれし、葉とともに短い毛が生えている。
葉は対生し、長楕円形、卵形で長さ2~5㎝。
花期は8~10月で、枝の先に穂状の花序をつけ、淡紅紫色の長さ約8mmの唇形の花を密集してつける。
キツネノマゴ生育の様子
キツネノマゴ花期は8〜10月で枝の先に穂状の花序をつける

前の記事

キハマスゲ

次の記事

キツネノカミソリ