キツネノカミソリ

雑草名 キツネノカミソリ
科名 ヒガンバナ科
学名 Lycoris sanguinea
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 林下・山地・山すそ・里山
繁殖器官 球根・種子
類似草種別名() 別名(-)
日本全土の山林の中や林縁に自生する多年草でヒガンバナのように花が咲くときは葉がなく花茎のみが伸びてくる。
春に地下の黒褐色の鱗茎からスイセンに似た葉を数枚出す、柔らかく白緑色で高さ20~30㎝。
8~9月に赤褐色を帯びた花茎を伸ばして茎頂に黄紅色の花を3~5個つける。
キツネノカミソリ生育の様子
キツネノカミソリ8〜9月に黄紅色の花を3〜5個つける

前の記事

キツネノマゴ

次の記事

キツネアザミ