ギシギシ

雑草名 ギシギシ
科名 タデ科
学名 Rumex japonicus
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 畑・道端・牧草地・荒地
繁殖器官 種子・根
類似草種別名() エゾノギシギシ・ナガバギシギシ・スイバ
冬から春に長細い大きな葉を広げていて夏に抽台、開花し多くの種子を生産する。
実の中央に種があり周りが翼片状でこの形が同じ仲間との識別ポイントとなる。
種子は秋に発芽し幼植物体で越年する。
直根性の根は冠部から3㎝位まで鎌で切っても再生する。
ギシギシ生育初期の様子
ギシギシ抽台の様子

前の記事

キショウブ

次の記事

キクイモ