キクイモ

雑草名 キクイモ
科名 キク科
学名 Helianthus tuberosusu
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 林縁・道端・土手・空き地
繁殖器官 種子・塊茎
類似草種別名() イヌキクイモ・キクイモモドキ
道ばたや空き地、荒れ地、土手などに群生する。
高さ1-2mにんある大型の雑草で、茎は円柱状で短い毛がたくさん生え、葉は卵形で先がとがり、粗いギザギザがありざらついている。
8~10月、枝先に径が5㎝程の大きな黄色い花をつける。
地下のイモはアルコールや飴などの原料になっているが、成分のイヌリンは、デンプン質でないため、肥満防止になり健康食品としても扱われている。
キクイモ生育の様子
キクイモ群生地の様子
キクイモ枝先に径が5cm程の大きな花をつける

前の記事

ギシギシ

次の記事

キキョウソウ