カラスムギ

雑草名 カラスムギ
科名 イネ科
学名 Avena fatua
生活型 1年生・イネ科雑草
生育地 畑・道端・牧草地・荒地
繁殖器官 種子
類似草種別名() マカラスムギ
別名(オートムギ)
茎は束生して直立、高さ30~100㎝になる。
葉は長さ10~30㎝で葉舌は高さ4mmで目立つ。
円錐花序は長さ15~30㎝、花序の枝は輪生、非常に細かく単一またはまばらに分岐し、長さ2㎝前後の小穂をつけて垂れ下がる。小穂は3小花からなり長い芒がある。
麦作の重要雑草のひとつ。
カラスムギ生育の様子
カラスムギ円錐花序は長さ15〜30㎝

前の記事

カラムシ

次の記事

カントウタンポポ