カタバミ

雑草名 カタバミ
科名 カタバミ科
学名 Oxalis corniculata
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 道端・芝地・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() ムラサキカタバミ・アカカタバミ・園芸種のオキザリス
家の周辺や庭、道端、芝地などで春から夏にかけて茎を這わせて盛んに生育する。
葉は3枚の小葉からなり、小葉は心臓形。
葉は昼間開いているが、夜間は閉じ睡眠運動をする。
花は黄色い5弁花で直径8mmくらい。
果実は熟すと種子が弾き飛び草取りのとき顔に当たると痛く感じるほどの速度があり遠くに拡散する。
カタバミ生育の様子
カタバミ開花時の様子
カタバミ花は黄色い5弁花

前の記事

カナムグラ

次の記事

カゼクサ