カズノコグサ

雑草名 カズノコグサ
科名 イネ科
学名 Beckmannia syzigachne
生活型 1年生・イネ科雑草
生育地 湿地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
水田や湿地に生える越年草。
地下茎は無く、茎は高さ30~90㎝、葉は幅5~8㎜で表面はざらついている。
花期は6~7月で茎の先に長い緑色の円錐花序をつけ、2列に小穂をつける。
和名は、牧野富太郎が、小穂が互いに密着して、整った型になっている様子を数の子に見立てて名付けた。
カズノコグサ生育の様子
カズノコグサ茎の先に長い緑色の円錐花序をつけ、2列に小穂をつける

前の記事

カゼクサ

次の記事

カサスゲ