カサスゲ

雑草名 カサスゲ
科名 カヤツリグサ科
学名 Carex dispalata
生活型 多年生・カヤツリグサ科
生育地 水路・湿地・土手
繁殖器官 種子・根茎
類似草種別名() 別名(-)
特に水辺で多くみられ、一面に群生する大柄な常緑のスゲである。
菅笠を作るのに用いられる。高さは1m程にもなる。
根は水中の泥に伸び、太い地下茎を横にはわせて大群落を作る。
葉は細長く、やや立ち気味に伸びる。根元の鞘は分解して糸網になる。
晩春から初夏にかけて、花茎を伸して花をつける。
カサスゲ水辺に生育している様子
カサスゲ花茎を伸して花をつける

前の記事

カズノコグサ

次の記事

カザグルマ