カザグルマ

雑草名 カザグルマ
科名 キンポゲ科
学名 Clematis patens
生活型 つる生落葉低木
生育地 林縁・藪
繁殖器官 種子・根茎
類似草種別名() 園芸種のクレマチス
つる性落葉の木本、つるは高さ2~5m伸び、茎は褐色。
葉は、互生、3出複葉~2回3出複葉。
花は、5~6月頃、新枝の先端に直径10~15㎝の白色~薄紫色の美しい花をつける。
花には花弁が無く、花弁状に見えるのは、がく片である。
野生種は各地で見られなくなって絶滅危惧種になっていますが園芸種として流通している。
カザグルマ生育の様子
カザグルマ花には花弁が無く、花弁状に見えるのはがく片

前の記事

カサスゲ

次の記事

カクトラノオ