オモダカ

雑草名 オモダカ
科名 オモダカ科
学名 Sagittaria trifolia
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 水田・湖沼
繁殖器官 塊茎・種子
類似草種別名() アギナシ
多年生の難防除水田雑草の一つで種子と塊茎から発芽する。
発生初期は線形の葉をつけるが、生長が進むと矢尻形をした葉をつける。
花は単生花で、雌雄同株、白い花弁を3枚つける。
栽培変種であるクワイは、塊茎が肥大化して食用となるため栽培され、おせち料理などに利用される。
似たアギナシは根元に粒状の球芽(むかご)を多数形成するが、オモダカは地中に走出枝を出し塊茎を作る。
オモダカ
水生に発生したオモダカ
オモダカ
花は白い花弁を3枚つける
オモダカ
生育の過程

前の記事

オニノゲシ

次の記事

オッタチカタバミ