オオブタクサ

雑草名 オオブタクサ
科名 キク科
学名 Ambrosia trifida
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 道端・河川敷・空き地・荒地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
草丈3mになる大型の1年草。
葉は長柄があり、長さ・幅とも20~30㎝になり、掌状に分裂し細長く尖って両面ともざらつく。
雌雄同株。
雄の頭花は枝先に細長い穂を作り、総包片は合着して皿型になり、複数の筒状花を入れる。
ブタクサとの雑種がある.生長後も葉が分裂しないものはマルバクワモドキとされる。
オオブタクサ
生育初期の様子
オオブタクサ
生育の様子
オオブタクサ
穂の様子

前の記事

オオセンナリ

次の記事

オオチドメグサ