オオチドメグサ

雑草名 オオチドメグサ
科名 ウコギ科
学名 Hydrocotyle ramiflora
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 畑・道端・牧草地・荒地
繁殖器官 種子・ランナー
類似草種別名() チドメグサ
葉は直径1.5~3㎝の腎円形で、光沢がある。
葉の切れ込みは浅く、心形。葉の基部には鋸歯があるのが特徴である。
葉の上に長い花茎を出し、10数個が丸く固まった球形花序をつける。
チドメグサは市街地の道端や民家の庭などでみられるが、郊外ではノチドメが普通である。
葉の上に高く花序が出ていればオオチドメであると簡単に判断できる。
チドメグサやノチドメは花茎が短く、花が葉の上に出ない。

前の記事

オオブタクサ

次の記事

オオチドメ