オオケタデ

雑草名 オオケタデ
科名 タデ科
学名 Persicaria orientalis
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 畑・道端・牧草地・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
インドから中国原産の帰化植物で葉が大型で背丈も高さ2m近くになる。
花が紅色で美しいので栽培されていて農家の庭先や畑の隅などでよく見られる。
元々は薬草として導入された。
化膿性の腫れ物や毒虫に刺されたときの民間薬として利用された。
オオケタデ
生育初期の様子
オオケタデ
花は紅色で美しい

前の記事

オオニシキソウ

次の記事

オオキンケイギク