オオカナダモ

雑草名 オオカナダモ
科名 トチカガミ科
学名 Egeria densa
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 河川・湖
繁殖器官 殖芽・茎
類似草種別名() 別名(-)
南アメリカ原産の水草で全長1mを超え、茎の上部では分枝する。
葉は三輪生で、葉身は長さ1,5から4センチ、幅2~4.5ミリ程度、ごく細かい鋸葉がある。
花は5月から10月ごろに花茎を伸ばして、水上に白い花を咲かせる。
雌雄別株であるが、日本には雄株だけが生育している。
低温や水質汚濁にも耐えてそのまま越冬し、節から不定根を出して広がる。
また殖芽を作り、株からはなれて冬を越し、春に芽を出して広がることもできる。

オオカナダモ
生育の様子
オオカナダモ
水上に白い花を咲かせる

前の記事

オオキンケイギク

次の記事

オオジシバリ