オオイヌノフグリ

雑草名 オオイヌノフグリ
科名 ゴマノハグサ科
学名 Veronica persica
生活型 越年生・広葉雑草
生育地 畑・道端・牧草地・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() タチイヌノフグリ
ヨーロッパ原産の帰化植物。
茎は根もとで分かれて四方にひろがり、葉は卵形で浅く切れ込みがある。
早春から青紫色の花をつけ、春の訪れを告げる花の一つである。
2個の玉が入った袋の様な果実の形から犬のフグリ(陰嚢)の名がつけられている。
オオイヌノフグリ
生育の様子
オオイヌノフグリ
早春から青紫色の花をつける

前の記事

オオオナモミ

次の記事

オオアレチノギク