オオアラセイトウ

雑草名 オオアラセイトウ
科名 アブラナ科
学名 Orychophragmus violaceus
生活型 越年生・広葉雑草
生育地 道端・牧草地・荒地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(ショカツサイ・ムラサキハナナ・ハナダイコン・紫金草)
茎は高さ20~50㎝、葉は下方のものは羽状に裂け,中部以上のものは分裂しない。
花は3月から5月に淡紫色の十字形花を咲かす。
江戸時代に中国から入ってきたが、昭和40年代に山口誠太郎博士と黒田の二名が、種子をたくさん採って全国の植物愛好家約一万名に配り各地に広まった。
別名が多くショカツサイ、ムラサキハナナ、ハナダイコンも同じくらいの割合で使われている。
オオアラセイトウ
開花時の様子

前の記事

オオアレチノギク

次の記事

オオアマナ