オオアマナ

雑草名 オオアマナ
科名 ユリ科
学名 Ornithogalum umbellatum
生活型 多年生・広葉
生育地 庭・道端・荒地
繁殖器官 塊茎・種子
類似草種別名() アマナ・ホソバオオアマナ・タマスダレ
ヨーロッパ、西アジア、地中海沿岸に広く観賞用に栽培されている。
日本には、明治末頃に渡来、地下に球根があり春に葉を伸ばしその後30㎝くらいの長さになる花茎を伸ばし穂状に花をつける、葉は流線形で長く反転して地面に付く、花は白色、6枚の花びらが内側に3枚、外側に3枚ある。
日本のアマナに似ているが大型であることから、オオアマナの名になった。
オオアマナ
開花時の様子
オオアマナ
花は白色、6枚の花びらが内側に3枚、外側に3枚ある

前の記事

オオアラセイトウ

次の記事

エノキグサ