エノキグサ

雑草名 エノキグサ
科名 トウダイグサ科
学名 Acatypha australis
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 畑・道端・牧草地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
樹木のエノキに似た葉をしていて畑や道端でよく見かけられる雑草で、7~10月に葉の脇に赤みを帯びた穂状の花をつける。
背丈は60~70㎝になるが余り目立たない草である。
エノキグサ
生育初期の様子
エノキグサ葉の脇に赤みを帯びた穂状の花をつける

前の記事

オオアマナ

次の記事

エノコログサ