エノコログサ

雑草名 エノコログサ
科名 イネ科
学名 Setaria etrides
生活型 1年生・イネ科
生育地 畑・道端・牧草地・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() アキノエノコログサ・キンエノコログサ
ネコジャラシの名で知られ空き地や荒れ地、道端などに広く普通に生育する。
葉は線形で幅10~15㎜、茎はやや平たく根もとから分かれ株になる。
7~9月に茎の先に紫褐色の長さが3~6㎝の花穂をつける。
9月ごろから咲き始め花穂の長さがエノコログサより長く垂れ下がるのがアキノエノコログサである。
エノコログサ
生育の様子

前の記事

エノキグサ

次の記事

エゾギシギシ