イチビ

雑草名 イチビ
科名 アオイ科
学名 Abutilon theophrasti
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 畑・牧草地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
ワタと同じアオイ科で古く日本に渡来し繊維をとるため栽培されたこともある。
大型の桐に似た葉を付け葉の両面に軟毛が密生していて触るとビロード感があり英名はベルベットリーフ。
飼料用トウモロコシ畑によく見かけられ、花は黄色く、種子は熟すと黒く硬質で土壌中寿命が長いので長年にわたって発芽する。
イチビトウモロコシ畑で生育したイチビ
イチビ
葉は大型で桐に似ている
イチビ花は黄色、種子は熟すと黒く硬質

前の記事

イヌガラシ

次の記事

イタドリ