イタドリ

雑草名 イタドリ
科名 タデ科
学名 Reynoutria japonica
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 畑・道端・牧草地・荒地
繁殖器官 種子・根茎
類似草種別名() オオイタドリ
春先には竹の子状に若芽が伸び春の野草として食べられる。
茎は中空で若いうちは柔らかく、古くなると木質化し、草丈が2m近くになる。
葉は互生して長さ10~15㎝の卵状楕円形で縁がわずかに波をうっている。
根茎は木質で長く地中をはい、節があってそこから芽を出す。
雌雄異株で、夏に総状花序をつけ、白色か紅色の小花をたくさんつける。
本州北中部の山地や北海道には草丈2~3mにも達するオオイタドリがある。
イタドリ
葉は長さ10〜15cmの卵状楕円形
イタドリ
白色か紅色の小花をたくさんつける

前の記事

イチビ

次の記事

イシミカワ