アズマネザサ

雑草名 アズマネザサ
科名 イネ科
学名 Pleioblastus chino
生活型 多年生・イネ科
生育地 林縁・藪・荒地
繁殖器官 地下茎
類似草種別名() 別名(-)
いわゆる篠竹の代表的な一種で学名(chino)にも使われている、関東、東北地方に普通にある常緑のササ。
稈は高さ3~4m、径約2㎝に達する。稈鞘そのほか全体に毛がない。
根茎から茎は直立し藪を形成する。筍は細長く皮緑暗色、あるいは紫色で脱落しない。
アズマネザサ
常緑のササの一つ
アズマネザサ
群落の様子

前の記事

アツミゲシ

次の記事

アシ