アカバナユウゲショウ

雑草名 アカバナユウゲショウ
科名 アカバナ科
学名 Oenothera rosea
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 道端・野原・荒地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(ユウゲショウ)
明治に花卉として観賞用に導入、栽培されたが野生化し関東以西の市街地に多い。
夏から秋かけて長期間、直径1.5㎝ほどの桃色の4弁花を付ける。
果実は雨にあたると数分で開裂して種子をとばす。
アカバナユウゲショウ
生育の様子
アカバナユウゲショウ
花は桃色の千弁花

前の記事

アキタブキ

次の記事

アカオニタビラコ